業者選びに役に立つ買取・リサイクルショップに関連した業者をご紹介します。

不用品買取コンシェルジュ

厳選おすすめ5社

2019年08月20日 [FAQ]

個人経営の買取店よりも大型店舗の方が期待できる?

リサイクルショップで家電を中心に家中の不用品を買取してもらおうと思い、少しでも高く買取りしてもらえそうなお店をネットで探すと、私が住んでいる地域だけでも、かなりの数の買取店が見つかりました。
普段は車で行動していますが、こんなところにも買取店があるの?と驚かされて、大手のチェーン店以外にも、個人経営みたいな小さなお店がたくさんあることに驚きました。
やはりお店の規模が小さな個人経営の買取店よりも、大型店舗の方が高値は付くのでしょうか?
それと、家電だけでもいいので、ジャンルごとにどのような商品が高く売れるのか教えていただけないでしょうか?
ちなみに、トラックは知り合いからいつでも借りることができるので、わざわざ自宅に来てもらう必要はありませんので、一応伝えておきます。


回答

個人経営店だと融通が効くメリットが。


まず、個人経営と大型店舗を構えるチェーン店についてですが、確かに個人経営の場合は、再販経路で比較すれば、大手に劣る可能性も高いし、買取してもらえる商品も限られるケースも多いですが、いろいろな面で融通が効くので、値段交渉の余地があり、店主の独断で高値を付けてもらえるメリットもあります。
それに、会社の規模が大きくなれば、人件費や広告費などもかさむため、その分が悪い意味で買取価格に影響します。
したがって、高額買取を望むなら、個人、大手問わずに、できるだけ多くの買取店から見積りを取ることをおすすめします。
お店によって買取基準は異なりますが、基本的に家電であれば、5年以内の商品が買取の対象となります。
テレビの場合は、液晶テレビであれば、5年を経過していても買取してもらえる可能性は高く、単純に画面が大きければいいわけではなく、大き過ぎず、小さ過ぎず、需要が高い一般的なサイズの高額商品に高値が付きやすいです。
冷蔵庫にも大きさがいろいろありますが、たとえば学生が多い地域であれば、小型の冷蔵庫の人気が高く、ファミリー層が多い地域では、小さすぎると買取を拒否されるなど、地域性によって買取金額も変わってきます。
洗濯機は、ドラム式に高値が付きやすいですが、東京などの都市部では、一人暮らしが多いことから、小さめの全自動洗濯機の需要が高く、買取価格も期待できます。
家具などは、ブランド品でなければ比較的新しくても値段が付きにくいので、いずれ買取店を利用する可能性があるなら、ブランド品を選んだ方がいいでしょう。

PageTop